海外旅行やスーパーでは紙袋は貰えないらしい

日本では貰えても世界では紙袋はもらえない

海外旅行をしたことがある人も多いかもしれませんが、免税店等で買い物をした時に紙袋を貰えないことで不思議な気持ちになってしまったということだってあるかもしれませんね。

普通に考えるのならば貰えて当然だと思っている人も多いかもしれませんが、実は海外では袋を貰えないということが結構多いので知っておいた方がいいことになるでしょう。

ビニールでも紙でも、袋を作るためにはそれなりの費用が掛かってしまうということもあるので、発展途上国では特に買い物をした後でもくれないことがよくあります。

人によっては付け忘れてるのかな?と思うかもしれませんし、判断が難しいと思うかもしれませんが、むしろ日本で当たり前のように貰えることの方が外人さんにとっては驚きのようです。

また、街頭でのティッシュ配りなんかも日本だけの行為ということになっているので、資源が豊かな国であるということを再確認できる機会になってくるのかもしれませんね。

限りある資源だから紙袋は大切にしよう

簡単に入手することができるので、お金が掛かっていないということをついつい考えてしまいがちかもしれませんが、何をするにしても無料なんていうことは決してありません。

紙袋を作成することにしたのだとしても、大きな店ならばそれだけ多額のお金を使っているということになるので、貰った側としてもすぐにゴミとして処分しないようにしましょう。

家で保存するとは言っても、かさばってしまうから邪魔で仕方がない・・・。という意見もあるのですが、取っておくことによって必ず使えるタイミングが訪れることになるはずです。

地球環境のことを考えると、皆が皆好き勝手に資源を無限だと思ってしまっていると取り返しのつかない事態になることは明白なので、一人一人が意識していくことが重要になります。

旅行するなら紙袋は必需品となるだろう

初めての海外旅行をするということになったら、テンションも上がってしまって大量の買い物をするかもしれませんが、紙の袋を貰えないので持ち運びに苦労することになるでしょう。

なので、始めから購入用の大きめのマイバッグを持っておくことによって、移動を楽にしていくことができるので、逐一意識をしていくことによって楽しい旅にしていってみてください。